Interview with Rosa Guimaraes/ローザ グイマラエス インタビュー

Rosa Guimaraes is a bookbinder who lives and works in Niteroi, RJ, Brazil.
We used to learn bookbinding at the Center for Book Arts, and later worked together(almost 15 years ago now!) at an Artist’s studio in NYC.  Rosa was very presice and her handskill was very high already then, and now she has a beautiful Zoopress studio in Brazil, making finely hand-bound books, envelopes, other paper goods and crafts with her husband Renato who is also a talented graphic artist.
Her work is very accurate and her use of material and combination is very creative. I miss her big smile and I am very happy to see her on-going love for paper, textile and bookbinding on her website. You can check out and purchase her products online also.

ローザ グイマラエスはブラジルのリオデジャネイロの対岸、ニテロイに住居兼アトリエを構えるブラジル人の製本家です。ローザとあったのはもう15年程前。製本を学びながらニューヨークでカナダ人の写真家のお仕事のお手伝いをさせていただいたときでした。当時から仕事を仕上げる粘り強さと手先の器用さには感心していましたが、今ではブラジルに戻って家族に囲まれながら、グラフィックデザイナーのご主人と一緒に自宅の一角にアトリエZoopressをかまえて大変手の込んだ細かい作品を作り続けています。紙と布と本が大好きな、私の愛するローザを今回はインタビューしてみます。

zoopress-no-ar 10801545_774207472615280_702159948907887903_n

1. When and where did you start Zoopress?

1. Zoopressのアトリエはいつどこで始めたのですか?

We started Zoopress in Brazil, back in 2003, when we arrived from the USA (where I lived for almost 4 years and learned bookbinding). I run Zoopress together with my husband, Renato Alarcao.

2003年、アメリカで4年間暮らし、ニューヨークで製本を学んだ後にブラジルに戻ってきました。そのときに夫のレナートと一緒にZoopressを始めたのです。

rosa7 rosa6

2. What do you create at Zoopress?

2. Zoopressではどんな物を制作しているのですか?

We create handbound notebooks, boxes, and stationary items.

手製本、箱もの、文具類などを制作しています。

rosarosa10rosa5

3. Why Zoopress? Is it related to Zoo??

3. Zoopressの由来はなんですか?動物園(Zoo)に関係あるのでしょうか??

Yes. Renato was studying in NYC and his final project was a book, that I handbound. The book was named Archetypal Zoo. After that we decided that our future bookbinding studio would be named Zoopress.

レナートがニューヨークで学生だったときの卒業課題で制作した作品は私が製本したのですが、その題名が”元型としての動物園(Archetypal Zoo)”だったのです。このときすでに、2人で将来製本のアトリエをつくるときにはZoopressにしようと決めていたんです。

4. Who do you want to collaborate with in the future?

4.この先どんな人たちとコラボレーションをしていきたいですか。

I want to have more authoral projects in the studio, such as illustrated books in small editions.

出版関係の人たちですね。版数の少ない挿絵入りの本などをやってみたいです。

rosa2rosa3

5. What is your favorite bookbinding technique?

5.一番好きな製本の様式はなんですか?

装飾的背表紙(エクスポーズド スパイン)です。あんまり手の込んでるものではなくてシンプルなデザインですね。その他にはお茶で紙を染めて古い紙や布で製本するのも好きですし、封筒つくりもとっても大好きなんです。

I love the exposed spine books, but not the ones that are very busy! I love dying papers with tea, and making books using vintage items. And I really love envelopes.

rosa8

Thank you Rosa!

For more info, see Zoopress website.(brazilian only, but you can contact Rosa in English)

Interview with Anneke Hendrixs/アネケ ヘンドリックス インタビュー

Anneke hendrikx is Dutch artist. She cooks plants in her studio and she
makes pigment from plants, then she draw/paint with them. Beautiful
thoughts and beautiful works.I visited her in her Studio in Breda.

アネケ ヘンドリックスはオランダ人のアーティストです。アネケは自身のアトリエで植物を煮出し、抽出液を乾燥させることでピグメントを作り、植物から作る色を使って作品作りをしています。とっても美しいアイディアと作品の持ち主です。オランダ南部のブレダという街にあるアネケのアトリエを訪ねてインタビューをしました。

 

anneke3 2012

1. How did you started experimenting with pigment making?

In my carrier, I started with oil painting、but I had serious health
problems because I did not have a good ventilation system in my studio. Then
I tried gouache but I did not like it.  I tried water color but I did not
like the results because color was too bright and too clean. I was looking
for more natural soft color. I kept searching. Because my education was
in textile, I knew you can color textile with plants. One day I thought
maybe I can use the color from plants for my paintings. I tried with many
different materials, methods, mediums. After 8 years of experimentation,
there is so much more to explore, and I think I can go forever with this!

tumblr_md29yvEgvI1qjwgero1_500foto 1

1.ピグメント作りはどのようにして始められたのですか?

はじめは油絵をやっていたのですが、アトリエに換気の設備がなかったため、頭痛などがおこり続けられなくなりました。その後油絵からグアッシュにかえてみましたが思うような効果は得られず、水彩も試しましたが私の目には色が鮮やかすぎました。私はもっと自然な優しいトーンで表現したかったのです。もともと繊維の勉強をしていましたので、草木染のことは知っていました。なので、ある日思いついて自分で植物からピグメントを作ってみようと思ったのです。今までにありとあらゆるレシピでいろいろ試しましたが、8年の作業の後にいえることは、まだまだ試したいことが沢山あるし、実験は永遠に続くだろうとということです!

2. What kind of plants are you using?

I use all plants around me. Many times I grow the plants from the seeds and
I harvest it, cook it, and make pigment. Some plants you know already what
color you are going to get, and some plants you really don’t know. It makes
it very interesting and surprising. For example, with sunflower, I can get
green pigment from yellow pollen.

2.どのような種類の植物を使っているのでしょうか?

身近にあるものを何でも使っています。大体は種から育てて刈り取り、煮出してピグメントにします。生えているときの色そのままのピグメントができることもありますが、違うことも沢山です。毎回が驚きと発見にあふれています。例えばひまわりの黄色い花粉からは緑のピグメントが作れるのです。

3. What is your big discovery with plants until now?

It is just amazing to works with plants in general. It is a very slow
process because you start with seeding, picking, cooking, and drying. At
the same time, because I do everything, I can experience the smell(many
times, cooking is a very stinky process), color, all the changes through
different process. After many years, it is still a experience with full of
discovery.

anneke2

3.今までの植物を使った制作で一番の大発見はなんでしたか?

植物を使用して作品を作るという事自体がびっくりすることの連続です。種まきから始まり、刈り取り、煮出し、乾燥、ととっても時間のかかる過程が沢山です。でもはじめからすべて自分ですることによってその過程過程を自分で直接経験することができます。煮出しは時にはひどいにおいだったり、色がだんだん変わっていったり、ということもわかるのです。長年やっていますが、いまだに毎回発見に溢れた経験です。

anneke1

4. Did your drawing/painting changed after you start using pigments from
plants?

Yes it did indeed! I started to use other kind of tools to bring the
ink/pigments on paper or canvas. I use mops and brushes for washing up!
Sometimes I even use brooms, injectionneedles and so on.

4.植物由来のピグメントを使うようになってから作品の方でも変化はありましたか?

ありましたね。紙やカンバスに向かうときに筆ではなくて違う種類の道具を使うようになりました。小さいモップのようなものや、ほうき、注射器などもつかうんですよ!

anneke tanneke tek

5. What is your future plan with your pigment?

I am interested in going to residencies where I have lots of space and time
just to make my own pigments. Going to all over the world and make pigments
with local plants, and have exhibitions there. Most artists like my work,
so I would like to share my color with other people too.

5.これからこのピグメントでやりたいことはありますか?

これからは集中して作品を作れるレジデンシーにいってみたいです。世界中のいろいろな場所に行って土地に生えている植物を使って作品を作り、発表していきたいのです。いろんなアーティストが私の作品を好きだといってくれるので、もっと他の人にも私の植物から作る色を広めていきたいです。

Thank you Anneke!

to see more work, http://www.annekehendrikx.nl

interview with Roos Terra/ロース テラ インタビュー

Roos Terra is an Dutch Artist. She uses plants in her work, many times she prints plants direct thru the press. The results are truly beautiful.She has been working at many projects in The Netherlands and abroad. I visited her studio in Den Bosch and asked her 5 questions.

ロース テラ はオランダ人アーティストです。彼女は植物を使って制作をしていますが、植物にインクを付けたものをそのまま版画のエッチングプレス機にのせて刷っています。結果の美しさはご覧の通り。ロースはオランダ国内、国外で制作発表をしています。私はデンボス市にある彼女のアトリエを訪ねました。

OnlyHaveToBeThereroos

 

1. How did you get to know printmaking?

1.版画はどのようにして始めたのですか?

When I saw my artist friend printing with plants on Japanese paper, I thought I can experiment it also. I have been commissioned to make an art work for “Landkunst in het groene woud” project then, so I started printing plants.

友人がある日和紙に植物を使ってプリントしているのをみて、自分でも実験してみようと思ったんです。ちょうど”Landkunst in het groene woud”という森のアート団体から作品の依頼を受けていたので、それを機に植物を使った版画の制作を始めました。

2. What do you like most about printmaking?

2.版画で一番いいところはなんですか?

It is a very direct working method, especially what I do, I can print one to one scale. I also like the material. Mixing the ink, coloring plants and working with paper. I make prints, but I am not interested in making multiples. I print one of the kind and the that one has to be good.

版画はとてもダイレクトにできる制作方法だと思います。特に私の手法は植物をそのままプリントするのでとってもダイレクトです。版画の道具類も好きですね。インクを混ぜたり、植物に色を塗ったり、紙を使うところも好きです。私は版画を制作していますが版を重ねて刷ることには興味がありません。植物を使って一回刷ったらもうその植物は使えないので、一回一回真剣勝負なんです。

3. What is your relationship with plants?

3. 植物とご自身はどんな関係でつながっているのでしょう?

I grow up in a countryside, we were surrounded with dikes, water, wind, sky; the nature. Nature was always with me. Now I am searching the new relationship with the plants by giving them color. Many times I try to look at the plants carefully and try to copy the color, and at the same time, I mix the color from my imagination. When I was printing rapeseed plants for example, I colored the top part of the plants blue because I wanted to create the feeling of the sky.

私は田舎で堤防や水、風や空といった自然に囲まれて育ちました。自然はいつもまわりにあったんです。今は自分と植物の間に、私が色を塗って作品を作るということで新しい関係を探しています。だいたいは植物自身の色を観察して同じ色を塗ろうと試みますが、自分の想像から色を作ることもあります。アブラナで作品を作っていたときには、空も表現したくてアブラナの天辺を青く塗ったこともあります。

4.There is a saying “God created the world in seven days, and the Dutch created the Netherlands”. Nature in the Netherlands is also man-made with precise planning.What do you think about Nature here and other places? Any difference?

4. ことわざに”神は7日間で世界を創造したが、オランダ人はオランダを作った”というものがあります。オランダの自然はとっても細かいところまで計画的に作られているともいえます。オランダと他の国の自然についてどう思いますか?何か違うところはありますか?

Maybe here it is more organized than other places, but I see nature in all places, even in weeds in the side walks. Sometimes, I see abandoned fields and I feel like maybe it’s more natural than man-made parks.

確かにオランダの自然はほかの場所よりもかなり整えられているでしょうね。でも、自然というのはありとあらゆるところにみることができるとおもいます。たまに草が生え放題の空き地などをオランダで見つけると、人間が作った公園などよりよっぽど自然だな、と思います。

5.What is your future plan?

5. この先の計画はありますか?

“Cloud Project”. With my work, I normally print same scale as the original. Now I am working with the photos of clouds I took, and I would like to capture the image of sky on paper. My budged and space is limited, but I hope I can work it out on large format in the future.

雲の作品です。普段は植物をそのままの大きさでプリントしていますが、今は自分のとった雲の写真から発想を得て何か作品を作りたいと思っています。予算とスペースが限られていますが、将来的にはとても大きな作品作りにも挑戦してみたいと思っています。

photo

Thank you Roos! See more works of Roos, www.roosterra.nl

 

Interview with Elizabeth Corkery/エリザベス コーケリー インタビュー

Elizabeth Corkery is a silkscreen artist who is originally from Australia.  With her work, she combines often screenprint, painting, textile and graphic design, and the installation. Geometric, architectural, organic, and super precise.

エリザベス コーケリーはオーストラリア出身のシルクスクリーンアーティストです。彼女はペインティングやテキスタイルデザイン、グラフィックデザインをもとにして作ったイメージをシルクスクリーンで刷り上げ、インスタレーション作品を発表しています。幾何学的で建築の要素もあり、モチーフはオーガニックながらもとっても精密。

Pink_Orange_FlowersPink_Flowers_Trellis copy Big_Pink copy

Currently she owns and runs a Silkscreen studio Print Club Boston in Somerville, MA, USA, and is busy with setting up a community silkscreen shop sometimes soon.

現在はアメリカ、マサチューセッツ州にあるPrint Club Bostonというシルクスクリーン工房のオーナーでもあり、地域の人々が利用できる版画工房を開く計画もあるそうです。

She is now in Belgium participating an artists residency program at Frans Masereel Centrum.

She once asked me to have an interview for her blog, I love her work, so this time I asked her to do interview with me for my blog!

エリザベスは実は今ベルギーにあるアーティストレジデンスに参加中です。 今年の始めに彼女のブログのインタビューを受けたのですが、今度は私が彼女にインタビューしてみます!

Green_Hedge copyGreen_Trellis copy

1. What do you like most about Silkscreen technique?
As I was learning print, what stood out initially about silkscreen was the easy use of vibrant colors and most of my prints still make use of that beautiful ability of silkscreen. I also love the immediacy of the printing process, there is a nice cause and effect between applying a new color and seeing its immediate result.

1. シルクスクリーンで一番好きな所はどこですか?

版画を学んでいたときに、簡単にきれいな色が重ねて刷れるところに目をみはらされました。シルクスクリーンのこの美しい特色はは今でも私の作品に反映されています。すぐに結果がみれるところもいいところです。インクの色の重ね方一つにしても、やったことがすぐに結果に現れる、その場でみれる、というところが良いですね。

2. In order to make work, do you spend many hours in front of computer?
Much of my image preparation happens in front of my computer. Often I’m using digital photographs that I’ve captured, which I then Photoshop to generate my color separations and print my transparencies. I try to balance that computer-centric time with time spent making more tangible work, however the digital aspect is a crucial part of my practice.

2. 作品制作の際にはコンピューターでの作業も多いのでしょうか?

作品イメージの準備はほとんどコンピューターでの作業です。デジカメで撮影した写真をPhotoshopプログラムで加工し、シルクスクリーンを刷るためのフィルムを用意します。コンピューター中心の時間とそれ以外の時間とのバランスをとるようにしていますが、コンピューターと向き合うことは私の作品制作のうえでかかせない大事な部分でもあります。

3. How is your Print Club Boston doing?
Things are going really well, I’m currently working on the second series of prints that will be released in late July. We recently collaborated with online art site Tappan Collective to release a special two-print edition which is currently available through their store and we are very excited to be included in People of Print‘s  brilliant new book that will be published early next year.

3. Print Club Bostonの運営はどうですか?

とってもいい感じです。この夏には新しいプリントも発表できる予定です。最近はオンラインのアートサイトTappan Collectiveと共同で版画の制作をしました。これらの作品は彼らのオンラインショップで購入できます。来年初頭に出版される予定の本、People of Printでもこの作品は紹介してもらい、とても楽しみにしています。

4. What is your goal for your community silkscreen shop?
When I first started Print Club it was with the intention to eventually be able to open a membership-based screenprint shop in Boston – a facility I believe would be met with great enthusiasm. I still firmly have my sites set on doing this, and we’re always on the look out for the right space and right location for establishing the shop. At the moment, the focus is on printing and beginning to chat with potential collaborators for our editioned print collections. I also run Print Club in tandem with producing my own personal work, so it’s always a bit of a balancing act!

4. 現在進行中の地元に根付いた版画工房のめざすものはなんでしょうか?

Print Clubを始めたときにはすでに会員制のシルクスクリーン工房にしていこうと思っていたんです。地元で熱心な人がいると思ってましたし。ウェブサイトもきちんと用意してありますし、今は工房を開けるいいスペースを常に探している感じです。これまでは作品の制作発表に集中して活動していましたので、その過程でだんだん将来的に共に制作をしていけそうな人たちとの出会いもありました。Print Clubをまとめながら、同時進行で私個人の作品も制作発表していますので、バランスをとりながら進めている、といったところです。

5. Who do you want to collaborate in the future?
There are some really amazing artists and set designers whose work I have followed closely that I would love to collaborate with, Sarah Parker , Gemma Tickle  and Thomas Bird would all be designers who I would love to collaborate with. I’ve also recently been really excited about Eva Berendes’ s work, I love how her pieces can simultaneously be domestic and sculptural and she has an amazing capacity to address space – she would be someone it would be a dream to collaborate with.

5. 将来一緒に作品を作ってみたい方達はいますか?

才能あるアーティストや舞台デザイナーのなかでも、Sarah Parker, Gemma TickleThomas Birdと是非一緒に作品を作ってみたいです。最近はEva Berendesの作品がとても素晴らしいと思います。彼女は身近なものを立体表現することで作品を作っているのですが、空間の表現力が格別に素晴らしいです。彼女とコラボレーションすることが目下の夢です。

Big_Orange copy ElizabethCorkery7

 

Thank you ELizabeth, I wish you a good luck!

エリザベス、ありがとうございました!

photos are from Elizabeth’s website

Interview with Michiel Schuurman/ミキエル シキュールマン インタビュー

Our first interview is with Michiel Schuurman.  I saw his posters at work in Stedelijk Museum Amsterdam, and I was just blown away by the things he did with his prints,  how he can make such complex effects by only 2 or 3 layers of colors and shapes.  I went to home and I googled….

インタビュー第一回目はミキエル シキュールマンです。仕事で彼のポスターを実際に手に取ってみる機会があったのですが、一目で心を奪われました。使っているレイヤーは二つか三つなのに、色と形の組み合わせですごい相乗効果。家に戻って早速検索しましたよ。。。

Michiel is a Dutch Graphic and Textile Designer. His work combines typography, perspectives, patterns, and he prints them with unique color match. It is amazing how he creates unusual effect from rather simple layers of design.

Check out his work at
www.michielschuurman.com

ミキエルはオランダ人のクラフィック、テキスタイルデザイナーです。彼の作品はタイポグラフィー、遠近法、模様を組み合わせてとってもユニークな色の組み合わせで刷られています。シンプルなデザインの組み合わせから生まれる視覚的な効果はとっても驚きです。

2012_EffectRating_1000_1000

title: EFFECT RATING
year: 2012
size: 70cm x 50cm
technique: Silkscreen 2 colours + 1 iris print
edition: 100
commissioned by: de Service Garage
printed by: Michiel Schuurman (assisted by Maurits Rozema)
for sale: 150 euro (incl. post and package)
collection Stedelijk Museum Amsterdam

2010_SG_RevisitExquisit

title: REVISIT EXQUISIT

year: 2010
size: 50cm x 70cm
technique: Silkscreen 3 colours
edition: 125
commisioned by: de Service Garage
printed by: Michiel Schuurman
for sale: 150 euro (incl. post and package)
collection: Stedelijk Museum Amsterdam

OK, here is our interview below;

では、インタビューです。

1. How did you get to know silkscreen technique?

When I was studying at Gerrit Rietveld Academie in 2000, I had a chance to learn Silkscreen from master-printer Kees Maas.
Then I graduated school and I kind of forgot the technique, because I was working at Copy shop as a manager and I could experiment with all the copy machines after it’s closing time for my work.
Unfortunately, this Copy shop was closed and in 2009 I re-discovered Silkscreen. I went to back to Rietveld Printshop as an alumni.

1. シルクスクリーンを始めたきっかけはなんですか?

リートフェルド美術大学に在籍していたときにケースマースからシルクスクリーンを学んだのがきっかけです。

大学卒業後はコピー店でマネージャーとして働いていたので閉店後に店のプリンターで色々実験しながらポスターを印刷していました。残念ながら店は閉店となり、2009年にまたシルクスクリーンをやってみようと思ったんです。卒業生は大学の施設を使えるのを利用して学校でまた刷り始めました。

2. What do you like most about silkscreening? /How is it different from other printing technique?
It’s a cheap alternative to all the other printing technique if you are printing posters. And not like machine-operated printing technique, I can print myself.
You can also make ink thicker. I like to keep the the color bright and thick(not like flat offset inks!), with Silkscreen, it is possible and I like it.

2. シルクスクリーンの良いところはなんでしょうか?ほかの印刷技術と違うところはなんでしょうか?

ポスターを作るにあたってコストを低価格におさえられることです。(オフセットは高い!)そしてほかの技術と違い、自分の手で刷ることができるところがいいですね。そしてインクも厚く刷れるんです。僕は完成品の色を鮮やかに刷るためにインクの色にこだわるので、シルクスクリーンはそれが可能なのが良いですね。

3. Where do you work? /home or studio?
Now I print at Amsterdam Graphic Atelier.
For printing a poster, it usually takes about 3-4 days to make design in my computer and if I have to print 100 posters(most of the time less than 3 layers of colors), I try to print in one day.

3. 作品制作はどこで行うのですか? アトリエがあるのでしょうか、それとも自宅にて?

今はアムステルダムにあるグラフィックアトリエで制作しています。ポスターの制作には大体デザインで3から4日、実際の刷りには100枚(大抵3色以下)を1日で仕上げるようにしています。

4. Do you mix your inks?
I buy them from Unico(http://www.unico.be), and I never mix the colors. The more you mix, color gets dull.
Instead, I try to dilute my inks with transparent base medium to achieve the color I want by layering.

4. インクは自分で混ぜて色を作っていますか?

インクはベルギーの会社から買っています。インクは自分では絶対混ぜません。混ぜる程に色が濁ってぼやけます。欲しい色があるときには、色を混ぜる代わりにインクを透明にのばせるベースを混ぜて色何度か重ねて刷り上げることで理想の色を作るようにしています。

5. Who do you want to collaborate with in the future?
Tomi Oladipo (textile designer )
Boris Tellegen
Gijs Weijer
Kustaa Saksi

5. これからどんな人たちとコラボレートしていきたいですか?

トミ オラディポ(textile designer )
ボリス テレゲン
ガイス ウェイヤー
クスター サクシ

 

Thank you Michiel!

ありがとうございました!

photos are from Michiel’s website

Printing with red cabbage/赤キャベツでシルクスクリーン

Two students from the Utrecht School of Arts, Jules and Elene asked me information about my ink recept, and they made this beautiful graphic work last monday at school with red cabbage ink.

今週、ウトレクト美術学校の学生JulesとEleneが私のインクレシピでポスターをシルクスクリーンで刷ったそうです。使った野菜は今回は赤キャベツ。

PastedGraphic-1

PastedGraphic-2

PastedGraphic-3

I have red cabbage pigment in my shop or you can just cook red cabbage home, strain, cook it more to concentrate the color, and cook with rice starch. Jules and Elene will be trying more inks made with vegetables and fruits for their project and that is exciting!

shopで販売もしておりますが、赤キャベツをゆでて茹で汁をさらに煮詰め、米粉と加熱することでも簡単に作れます。

彼女達はこれから野菜を使ったデザインプロジェクトをされるそうなので楽しみです!

The Foraged Book Project/野生の本のプロジェクト

I got this website from Printmaker I met last year, and it is just great!  Fergus and James is producing a unique book made entirely from plants foraged from the wild, and to host related public events that will offer participants deeply engaging interactions with the natural world including food making and participating arts. For more info, visit their site! Under food&book making section there are many paintmaking recipes you can try! Check out their Facebook page also for more photos!

去年であったイギリスの版画家から紹介されて、とってもおもしろいプロジェクトを実行中の Fergus と Jamesとコンタクトをとることができました。自然界から野生の植物を利用して絵の具、紙を作り本を作るというThe Foraged Project. 本の内容は野生の植物の加工の仕方、紙の作り方、絵の具の作り方、などだそうです。彼らはイギリスでこの本に関連したワークショップも随時行っているそうです。サイトは全部英語ですが絵の具の作り方レシピも沢山載っているので興味のある方は是非のぞいてみてくださいね!フェースブックでももっと写真が見られます。

 

1382338_235027916651928_1810935126_n

New items at Etsy shop/Etsyショップにカード入荷です

Finally, I put some greetings cards at my Etsy shop.  Silver and Gold inks are made with rice flour and pigments, and pink ink is made with rice flour and beet juice, nothing else added! I will be adding more products coming days. Please check my shop out!

今までお店はあけたものの商品のなかったEtsyショップにカードが入荷しました。金と銀のインクは米粉とピグメント、ピンクのインクは米粉とビーツのみで作っています。これからまた新作が入荷する予定ですので是非チェックしてみてください!

ImageImage

Workshop in Italy イタリアでのワークショップ

We had so much fun making a big accordion book with vegetables and fruits stamps at Bafè in Catania, Sicily, in Italy.  I made a blanc accordion book with recycled carton paper, and 20 italian children decorated with stencils and cut-outs, and vegetables and fruits they brought.

イタリア、シチリア島のカタニアに去年秋にオープンしたばかりの子供のためのための本屋さんバッフェで子供達と一緒に大きなジャバラ本を作ってきました。野菜や果物を持ち寄ってもらいスタンプを作ったり, ステンシルやコラージュをしたり。あっというまに真っ白だった本がいろんな海の生き物で埋まりました。とっても楽しかった!

photo 11photo1 2 photo 14 photo 13

 

This time, we used inks made out of rice flour and paprika, turmeric, red cabbage, blue berries and orzo(italian grain coffee).  Next time I would like to explore inkmaking with sicilian fruits and vegetables!

今回は米粉とパプリカ、ターメリック、赤キャベツ、ブルーベリー、オルゾ(イタリアの穀物コーヒー)でインクを作りましたが、次回はシチリアならではの野菜や果物でインク作りを試してみたいです!

 

photo 4photo 3

 

Thank you Rossella, Fabio, Laura, Massimo, and all the people who participated!!

Paste-paper ornament for Valentine’s day ちょっとはやめのバレンタイン

 

photo3

photo 2photo 1

photo 3 photo 4

 

We made hart-shaped ornaments with paste-paper leftover paper. Cutting the hart shape, making hole, then putting together with a string. Very simple, but my little boy was very happy and he took them down from the wall, decorated papa’s chair for Valentine’s day…

ちょっと早いのですが、前に作ったペーストパーパーを利用してヴァレンタインデーの飾りを作ってみました。お好みの形に切って穴をあけ、紐にとおしただけですが、息子は大満足!この後、自ら壁から外し、パパの椅子に飾り付けて喜んでました。